読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法 基礎 (復習)

☆ はじめに、、、


あなたは自分がどんな声をしているか知っていますか?(^ ^)

 

 


カラオケで聴いているからだいたい分かってるよという人は試しに自


分の声を携帯やスマホで録って聴いてみてください。おそらくほとん


どの人は自分の声に違和感を持つはずです。自分で聴いている声は客


観的にはぜんぜん違っているものです。


わたしも最初自分の声を聞いたときに


「俺はこんな変な声じゃない。レコーダーが悪い」


と決め付けていました。


ところが試しに他の人の声を録音したときに


「あれ?やっぱりあれが俺の声なんだ。。。」


とかなり落ち込みました。


でも、人間って慣れる動物です。


だんだん聞いているうちに


「俺の声もアリじゃないかな?」


と思えるようになります。


自分の声を受け入れることが最初のレッスン。


まずは自分の声を知って受け入れてください。

 

 

 

ここからが、本題!!!


◇声域を知る


次に自分の声がどこからどこまで出るか知ることです。


そのとき確認して欲しいのが


・自分がギリギリ出せる声の高さと低さ


・しっかりと出せる声の高さと低さ


です。

 

歌う曲を選ぶ時に自分の出せるギリギリの音程がある歌を無理やり歌


う人がいますがおすすめしません。喉を痛めるし、第一、上手く聞こ


えません。

 


◇選曲する


自分の声を把握したら、次は練習曲を選曲してみましょう。最初は自


分の声質が良く似ているアーティストで音程の幅も無理なく出せる曲


を選びます。カラオケで歌を歌うとき、無理して原曲キーで歌った


り、高い音程ばかりの曲を選ぶ人がいます。これは正直、聴かされる


方は耳障りなだけです。


「スゲー高い声、上手いなー」


なんて思いませんよ。


高い声が出せるのが凄い、とカン違いしないように。


次に選んだ曲で完コピを目指します。1曲完コピできればその後どん


どん歌は上達します。自分の声質が合ったアーティストを選ぶコツは


1度ものまねしてみて、ある程度「似てるな」と感じる歌手を選ぶこ


とです。


モノマネタレントに話を聞くと、だいたい1回目で「似てる」と感じ


たタレントは上手くモノマネできるけど、1回目で似てないなぁと感


じたらその後どんなに練習しても似せることは難しいそうです。

 


◇一曲を聞き込む


一曲選んだらひたすらその曲を聞き込みます。そして歌い方をマネて


みます。クセやブレス(息継ぎ)、曲の強弱などそっくり同じになる


ように練習しましょう。ライブ映像があれば体の使い方も見てみると


良いでしょう。


ただ、ビブラートやファルセット(裏声)など高等テクニックは最初


からムキになってマネしなくても良いです。このようなテクニックば


かり先に練習してしまうと逆に歌が薄っぺらく聞こえてしまうからで


す。

 

本日も、お読みいただきありがとうございました!!