読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

『ハミング』

 

http://4.bp.blogspot.com/-W-QLO4xjUNg/UNO5l0q3bEI/AAAAAAAAIzI/xnUQJYMPuvA/s1600/gassyou_youchien_girl.png

 

こんにちは、soukyu06です。

 

今日も、歌唱力UPになる、得点UPに繋がる
役立つコンテンツをお届けして行きます。

 

それでは、今日の本編をはじめていきましょう。今日は、『ハミング』をお伝えします。


確実で、安全な方法です!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。
失礼します!

 

☆音程をとる

上記で説明しましたとおり、まずは耳で音を聞き音程が高いか低いかを判別できるようにならなければなりません。

こちらもイヤホンかヘッドホンで音楽を聞きながら歌のメロディに合わせてハミングで合わせてみてください。

ハミングとは鼻歌のことですね。

これで音程がとれるようになればほぼOKです。

イヤホン、ヘッドホンをしたままでは自分のハミングが音程をとっているのか分からないよ。って方もいると思います。

そんなときは片耳のイヤホンを外したり、ヘッドホンをずらしたりして聞こえるメロディの音量に縛りをつけます。同じようにハミングをして音程が取れていると自分の耳で感じたなら、一部分だけでもいいので録音して聞いてみましょう。

少しでも音程が取れるようになれば自信につながると思います。

自信が出てきたら歌はどんどん上手くなるものです。

何回でも失敗して、恥ずかしい思いをして、練習しましょう。

必ず音程がとれるようになってくるので大丈夫です!

ハミングをクリアしたらいよいよ次は実際に歌って練習してみましょう。

ひとりで歌える環境があまりないという方は声量を抑えて風呂場などで練習してみてもいいかもしれませんね。

最初は原曲キー(歌手が歌っているそのままのキー)では無理があると思いますので地声よりも低く、オクターブを下げて歌う練習をしましょう。

オクターブを下げると明らかに音程が低いので音程が合っているかどうか不安になると思います。

ここまでひたすら聞き潰してきた自分の耳に自信を持って、「違和感」を感じたならそれは音程が外れている証拠です。

オクターブを下げて歌うと、低い音が自分の中で響きやすいので如実に効果が出ると思います。

Aメロ、Bメロ、サビ・・と繰り返し歌ってみてまた録音してください。そこできちんと音程が取れていれば、もう音痴ではないということになります。

歌は自転車の乗り方と一緒で、一度音程の取り方を覚えてしまえば忘れることはありません。

発声方法などで声域の変化はあるにしても基本的に一度克服してしまえば「音痴」には二度とならないということです。

女性よりも男性は声変わりなどを経験するため、自分の声の響き方や音程を見失いがちになってしまいますが、わずかな訓練で克服できるのは事実です。