読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

 

『最初の一歩を簡単に成功させる方法』

 

http://2.bp.blogspot.com/-7TbARyJe9qQ/VGX8oGkrHEI/AAAAAAAApKA/Np5EMBr_CsM/s800/onchi.png

こんにちは、soukyu06です。

今日も、歌唱力UPになる、得点UPに繋がる
役立つコンテンツをお届けして行きます。

それでは、今日の本編をはじめていきましょう。今日は、『最初の一歩を簡単に成功させる方法』をお伝えします。

これは、長く継続的に、歌が上手くなって行く上で非常に大切な考え方ですので、最初の時点でこの意識が育まれるという点でもこのやり方はおすすめです。

これを使わないのは非常にもったいないので、
必ず取り入れるようにしましょう。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。
失礼します!

 

☆裏声は音痴を直す?

どうやら裏声というのは音痴を直す効果があるようです。なぜでしょうか?
ある資料によると歌を歌う筋肉には声帯を引き延ばす働きをしている輪状甲状筋というものと、
声門を閉じる働きをしている閉鎖筋グループというのがあるようです。

それに呼気の圧力が加わって音程の調節が決まるみたいですがその中でも特に重要なのが輪状甲状筋らしいです。
そして、その輪状甲状筋は裏声によって鍛える事が出来るらしいのです。
これを利用しない手はありません。さっそく裏声を使ったトレーニングをしてみましょう。

1、裏声で身の回りにある文章を読んでみる(新聞欄、小説、セリフなど)
2、ドレミファソラシドを裏声で。また、同じように1オクターブあがって下がっていくのを裏声で。
3、2をスタッカートでやるのと身体の様々な部位を意識してやってみる。
4、2~3をハミングでやってみる。
5、鼻をつまんで1~4をやってみる。
6、イの母音で1~5をやってみる。
7、レッスン2の一番上でやったトレーニングを全て裏声でやってみましょう。
8、自分の好きな曲を鼻歌で歌ってみましょう。
9、自分の好きな曲を裏声で歌ってみましょう。

※このほかにも自分でアレンジして裏声のトレーニングをしてみましょう。
裏声と表声を交互に出してみてもいいトレーニングになると思います。また、裏声を出せないという人も
いるかもしれませんがそういう人は自分の声をテープに録音しながらトレーニングを続けてみるといいと思います。

何も裏声にかぎった事ではありませんが、声を出すのに大事な事は身体の力を抜く事です。まずは身体の力
が抜けるように、大の字になって寝て声を出すトレーニングをやってみて下さい。もちろん、顎の力を抜くために
ピンポン玉を使ってみてもかまいません。この裏声のトレーニングは予想以上に全てのトレーニングに
直結していきます、声の伸びや、声量や、音程などの歌にかかわる密接な事に思いのほか関係してくるものなので
定期的にやる事を勧めます

経験豊富なトレーナーが専属でサポートのパーソナルトレーニングジム【Runway】