読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

『才能やセンス無しで成功する方法』

 

 

http://2.bp.blogspot.com/-Vkc_1RiT83k/V7kyLACMwMI/AAAAAAAA9Lc/zGtvYBbf3aMUYPn3qGYqvxMWDOYix6OWACLcB/s800/music_dj_woman.png

 

今日も、歌唱力UPになる、得点UPに繋がる
役立つコンテンツをお届けして行きます。


それでは、今日の本編をはじめていきましょう。今日は、クリエイティブ性抜きで、
歌で成功する方法をお伝えします。

 

■ 歌の得点UPにクリエイティブさは不要

 

最近のブログで、歌唱力があまりなくて
経験0の初心者がステップアップして行く
プロセスについて解説をしてきましたが、

 

その中で、「本当に私にも出来るでしょうか?」
と言ったメールを何通かいただきました。

 

これに対する回答ですが、
「まったく問題ありません」
という事になります。

 

なぜかというと、歌の得点UPは
一見クリエイティブなように見えて、
実際には「模写」が出来れば十分だからです。

 

もし、あなたが芸術家として生きたいのであれば、
確かにクリエイティブな才能は必要です。

 

しかし、そうではなく、あくまでも
”特別な才能やリスク無しで手堅く得点UPの手段”
としてカラオケや、歌を見ているのであれば、
そこにクリエイティブさは必要ありません。

 

必要なのは人気の歌手の歌い方や、歌っている時の表情、筋肉の使い方を「模写するスキル」であり、
そこには才能やセンスの有無は関係ないのです。

 

また、基礎的なスキルを身につけた後は
実際のカラオケでの、発表会や、極端な話、オーデイションなんかを通じてスキルをアップさせていけるので、
そこまできたらもう勝ちみたいなものですね。

 

モノマネのスキルを獲得する

得点UP&それを通じてスキルもアップする

スキルがアップするので、
結果が出る(得点がUPする)

楽しくて練習する、さらに歌がうまくなる

というサイクルが出来上がるからです。

 

ですので、歌手として、歌を楽しむ事が出来る基礎スキルが身に付く、最初の2~3ヶ月頑張れるかどうかが、唯一の踏ん張りどころになるでしょう。


私の講座に参加されている方は、
基礎スキルを付ける練習をしながら、
練習がてら、楽しく歌いまくってください。(^^)

 

それでは、また次回のメルマガでお会いしましょう。
失礼します!


簡単!歌唱力UPのコツ!

ボイストレーニング Lesson1

ストレッチ
トレーニングを始める前の準備として身体の体操(ストレッチ)をしましょう。
意外に思われるかもしれませんがこのストレッチというものはとても重要です。これから先、
トレーニングをする前にはこのストレッチを必ずやって下さい。これをやる事によってボイストレーニング
効果が何倍にもなります。このストレッチこそがボイストレーニングといってもいいくらいです(本当です)。

プロの歌手の身体と素人の身体は根本的に違います。プロの歌手というものは何も意識しなくても歌えば
きちんとプロの声がでるものですが素人は違います。
どんなに感情をこめて歌ったとしても身体の方がプロになっていなければその感情をうまく人に伝える事が出来ません。
要するにプロと素人の違いとは身体という伝達回路そのものの回路が開いているか、開いていないかの差なのです。

だから、私達がプロと同じように歌う為にはその回路を開いてマニュアル化する所から始めなくてはなりません。
今からやるストレッチはその回路を開いてあげるための方法の一つと考えてもらって結構です。
では、さっそく初めてみましょう。

1、首を左右、前後に倒す。首を回す。(それぞれ5回くらい)

2、首の横の筋肉をよくもみほぐす

3、顔をマッサージする(頬骨の辺りなど)

4、両足を左右に開いた状態で座り、手を足につける。つまりは開脚のこと(左右、それぞれ5回ずつ)

5、立った状態から足をできるだけ左右に開く。(膝を曲げてはいけない)

6、その他、気になる関節を回転運動などで慣らす(手首、腰、足首など)

7、手を組んで、身体を思いっきり上に伸ばす(背中を伸ばす運動)

8、1~7までを繰り返す

※息を吐きながらやるといいです。ただ指定の動きを繰り返すのではなくどこの筋肉を使って
いるかなどを理解しながらやりましょう。また、一般的に準備体操といわれるものは身体にとってもいいもの
なのでそれこそラジオ体操みたいなものも準備運動の一環として取り入れてもいいと思います。