読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法 日本人の9割がリズム感を侮っている、練習をしていないという事実

日本人の9割がリズム感を侮っている、練習をしていないという事実

この方法は、歌唱力のある方、音楽をされる方なら、100%知っていると言っても過言ではない方法です。


『リズム感』


これが正確なら、そのカッコよさに惹かれて、「もっと歌をうまくなろう」と思い立つ男性、女性も多いようです。


特に、ある程度、歌唱力があって、次のレベルに、目標をおいている、という男性や、女性が多いです。
  

先日、音楽教室で講師の方に実際に聞いてみたのですが、
『リズム感がある人は、間違いなく歌が上手い!』と迷わず答えていました。

それでは、本題です!

歌が上手くなる方法~正確にリズムを取る練習方法


世の中で音痴と呼ばれる人の中には、音程がとれないタイプの人と正確にリズムを取ることのできないリズム音痴の2タイプがいます。

カラオケやコンサートで無意識のうちに周りと手拍子が合わなくなったりしたことはありませんか?

そんなあなたはリズム音痴の可能性があります。

今回は、リズム音痴を治して正確にリズムを取る方法をご紹介していきます。


1 まずは曲をよく聞こう
2 正確にリズムを取るためのトレーニング
3 メトロノームを使う
4 リズムゲームで鍛えよう
5 日常的にリズムをとる
まずは曲をよく聞こう

リズム音痴を克服する第一歩は「楽曲を良く聞く」ことから始まります。

これは2つの意味で、

曲をしっかり聞き込む
歌っている最中もしっかり曲を聞く
ということです。

と言いますのも、リズム音痴さんに多いのは

そもそも曲のリズムを覚えていない
歌に自信がなく自分が発する声の方に集中しすぎてしまい、曲をよく聞いていない
という2つのパターンだからです。

ちゃんと曲を聞かなければ、どのようなリズムなのかテンポなのか分かりようがありませんし、歌の最中に曲をしっかり聞いていなければ最初は合っていても徐々にずれてしまいます。

まずは曲をよく聞いて、拍子を合わせていくことから始めましょう。

慣れてきたら、体全体を使ってリズムをとっていくことに挑戦です。

体にリズムを覚え込ませること、これがリズム音痴を克服することに繋がっていきます。

続きは、また明日お伝えしますね!

本日も、お読みいただきありがとうございました!名古屋でアイドルになろう!アイドル教室