読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる方法 歌はちょっとしたコツと練習

 

 

 

動画サイトなどでよく見かける、歌ってみたなどの一般の方が投稿しているカラオケ映像。

自分もこんなふうに上手に歌ってみたい、気持ちよく歌ってみたいと思ったことはありませんか?

歌はちょっとしたコツと練習で誰でも簡単に上手になることが可能です。

歌が好きであればなおのこと、好きこそ物の上手なれということわざもあるくらいです。

一歩踏み出して上手に歌が歌える自分になり、周りに一目置かれる存在になりましょう!


歌が上手になる基礎の練習方法

お腹から息をすると歌が上手になると聞いたことは無いでしょうか。

腹式呼吸は睡眠中誰もがおこなっている呼吸法です。

横になり深呼吸をしたとき、お腹が膨らむように感じたらそれが腹式呼吸のやり方です。

常時は肺に呼吸が行くように肩で息をしていますが、意識してお腹まで空気を取り込み吐き出すと繰り返すだけで声の大きさが変わってきます。

声が大きく出るようになれば次は音程を安定させることですが、意識して高音からの発声練習を心がけて見ましょう。

自分が出せる最大音域、最大高音から徐々に下げていき、また最高音を出す、を繰り返し自分の中のドレミに慣れていきましょう。

アーティストと同じくらいの高音!と思って無理をしようとすると喉を痛めますので、あくまで自分の出せる大際音域でトレーニングしましょう。

慣れてくれば少しずつ音域をあげてゆくことが可能なのでヒマな時間を見つけては最大音域で遊ぶように練習するのが良いでしょう。

そして最もしなくてはならないのが歌いたい曲の聞き込みです。

最初はただ聞いて流すだけでよいです。 ずっと聞き続けてマスターするのが狙いですが、歌いたい曲は得てして好きな曲でしょうから余り苦にはならないと思います。

いざ実践!カラオケへ

選べるのであればカラオケの個室は大きく広い場所が良いでしょう。

音が広がりやすく多少なりとも補正をかけてくれます。

歌うときの姿勢はまっすぐの直立不動がよいです。

猫背になっていると声まで猫背になってきますので要注意、見ていてる側からも上手に歌う人なんだな、とは思われません。

アゴは引いて前をまっすぐ見ることで通る良い声がでます。

勿論口は大きく開いて、出来る限りよい声をお腹のそこから出しましょう。

姿勢を正す、たったのこれだけで随分と歌が変わってくる人がいます。

普段恥ずかしがって丸まった音を出していただけで、本来は歌が上手で歌い方を知らなかっただけという人です。

そういう人は案外多いもので、少しコツをつかんだだけで見る見るうちに見違えるほど歌が上手になっていきます。

まずは自信をもち、正しい姿勢で前を向いて歌うことで変わってくることもありますので、是非次にカラオケへ行く際は友人や知り合いを驚かせて見ましょう!