読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ、今日から早速チャレンジ!!!(笑) 復習

歌うまくなる方法 まとめです。

 

 

・ブレスコントロール


ロングブレス(まずは長く吐いてみましょう。)


ブレスコントロールで歌は格段に上達します!


仰向けになりリラックスします。


鼻からゆっくり息を吸います。お腹が膨らんでいるのを感じて下さい


ね。


吸ったらすぐに「すーーーー」と真っすぐ息を吐きます。(一定に吐


くことを意識してください。)この時お腹はだんだんとへこんでいき


ます。


吐く秒数は10秒→15秒→20秒と増やしていくと良いです。


※酸欠にはご注意下さい。


スタッカート(歯切れよく短く吐いてみましょう。)


スタッカートとは、音を短く切ることをいいます。


「スッフッフッフッフー」と1つ吸って5つ吐くという練習をします。


練習方法として応用では音を実際につけます。


「ドレドレド」の次に「レミレミレ」と音程をだんだんあげます。限


界まであげたら次は音程をさげていきます。この繰り返しです。


腹式呼吸でリズムをつくると良いですよ。


リップロール


プロのボーカリストなら必ず行っている簡単なトレーニング


歌がうまくなる方法です。


口を閉じ、閉じた唇の間から息を出して唇を「ブルブル」と振動させ


るのです!


これだけで、喉を締めずにリラックスした状態で発声することができます。


リップロールは、ライブやカラオケや発声練習の前に数分行うだけで


口や咽などの余分な力が抜け、かつ声の調子を整えてくれるというス


グレモノです。


歌う前の準備運動として体をほぐす他に、リップロール・タングトリ


ルというものがある。口を閉じて唇をぷるぷるいわすのがリップロー


ル。巻き舌でるるるると言うのがタングトリル。調べたらすぐ見つか


るので詳しくは調べてみましょう!


リップロールのコツ


①高音を出すには、喉で押してはダメです。


②”ぶるぶるトレーニング”で声帯をリラックスさせましょう。


③音程をつけって"ぶるぶるトレーニング"をすれば発声練習にもなり


ます。


テクニック①:ビブラート


ビブラートとは


伸ばした音を上下に細かく振動させて、メロディにアクセントつけるテクニック。


ビブラートをうまくかけるためには、まず声が全く震えないで伸ばせ


るようになることが必要です。声が震えないということは、息と声帯


がしっかりコントロールされている状態です。息と声帯を思うように


コントロールできてはじめて、キレイなビブラートがかけられるよう


になります。


さあ、今日から早速チャレンジ!!!(笑)


本日も、お読みいただきありがとうございました!