読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

『楽に上手くなる方法はありますか?」→はい。

 

http://2.bp.blogspot.com/-5P89ELV0txk/VahR4mUdZBI/AAAAAAAAvy4/SgS3zrxvecI/s800/voice_recorder.png

 

こんにちは、soukyu06です。

今日も、歌唱力UPになる、得点UPに繋がる
役立つコンテンツをお届けして行きます。

 

それでは、今日の本編をはじめていきましょう。今日は、『楽に上手くなる方法はありますか?」→はい。』をお伝えします。


冒頭でお伝えした通り、先日メールで

「歌が上手くなるための一番簡単な方法が知りたいです。」

というメールをいただきましたので、回答します。

 

このプロセス(はじめにするのが)が一番簡単かつ確実です。


それでは、また次回のブログでお会いしましょう。
失礼します!


☆自分の声を聴いてみよう。


皆さんは自分の声を聴いた事があるでしょうか?「そんなの普段からきいてるに決まってるじゃないか!」
という声が聴こえてきそうですが、まぁ、そういわずにテープレコーダーに自分の声を録音して聴いてみましょう。
どうですか?何か変な声、まるで自分の声じゃないみたいに聴こえませんか?

実は自分の声ほどわかりにくいものはないのです。普段、自分が聴いている声は口からでた声を耳から聴くのと同時にのどから内耳を伝わって体の内側からも聞いているものであるからです。
ですから、自分が思っている自分の声と実際の自分の声は違うものだと考えてかかる必要があります。
歌を歌うにしても自分ではうまく歌えていたと思っていた所が実際にテープレコーダーに録音してきいてみたら
全然だめだったというのはよくある事です。
歌を歌ってみて、テープレコーダーに録音し、どこがどんなふうにだめかを考えながら練習するといいと思います。

1、テープレコーダーを用意して自分の声を聴いてみる。
2、新聞のコラムを声を出して読んでそれをテープレコーダーに録音してきいてみましょう。
3、感情をこめて映画俳優のようなセリフをしゃべってみた声を録音して聴いてみましょう。
4、自分の好きな曲を歌ってみてそれを録音して聴いてみましょう。
5、自分の裏声も録音してどんな声かきいてみましょう。

※自分の声を知るという事は声のプロになる為の第一歩です。

恵比寿、渋谷、代官山から徒歩圏・女性専用のトレーニングスペース【Runway】