読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

カラオケで歌を練習するときのポイント

ここからは実践的な練習方法をご紹介します。

ヒトカラならではの練習方法ですので、勇気を出してヒトカラして下さい。 


☆同じ歌を繰り返し練習する

練習ですから、普段カラオケに行く時とは違い、同じ歌を何度も繰り返し練習しましょう。

複数人で行ってこれをすると嫌がられるでしょうが、ヒトカラなら気にすることはありません。

得意な曲が出来る事で、自信を持ってカラオケに参加できるようになります。

☆カラオケの音量を小さめに

カラオケの音量は気持ち小さめにしましょう。

これは自分の声をよく聞くためです。

音が大きいと、必要以上に声を張り上げることになり、ノドを痛める原因にもなります。

☆エコーはかけない

エコーをかけるとマイクの音が良く響き上手に聞こえます。

お風呂で歌うと上手く聞こえるのと一緒ですね。

しかし、エコーを利かせると、音程やリズムにズレがあっても気が付きにくいです。

☆録音しよう

歌う→録音をチェック、を繰り返しましょう。

自分の声って変に聞こえる物ですが、そこは気にせずに(笑)

音程がズレているところ、リズムがズレているところなど、上手く歌えていない点をチェックする事で、改善に繋がります。

その際、原曲と聞き比べればなお良しです。

歌手と自分の歌を聞き比べる事で欠点が見つかりやすくなります。

また、ヒトカラは連続してどんどん歌えてしまうのでノドを痛めやすいです。

チェックの時間がもったいなく感じるかも知れませんが、ノド休めの時間と考え、しっかりチェックしましょう。

☆キーを調整しよう

意外とキーをいじる人は少ないですが、必ず自分の歌いやすいキーで練習しましょう。

「カラオケは原曲キーじゃなきゃ認めない!」なんていう方もたまにいますが、自分が歌いやすいキーで歌うべきです。

合ってないキーで練習しても上達スピードは遅いので、ちょっとずつ試しながら自分にあったキーを見つけて下さい。

合ったキーがわかったら、メモっておくのを忘れずに。

カラオケの曲の初期設定は、原曲キーで設定されているわけではありません。

原曲より低く設定されているパターンが多いです。

同じ曲でも、機種によっては-1だったり-2だったり初期設定が違うケースもあるので、単にいくつキーを下げたか(上げたか)ではなく「原曲キーより-2」という具合に、原曲キーをベースにメモしておきましょう。

☆採点機能・ボイトレ機能を利用しよう

最近のカラオケは練習用の機能が色々ついていますので、どんどん利用しましょう。

採点機能は、単に採点するだけではなく精密に採点するもの、音程バーがついているものを使いましょう。

音の上下が視覚でわかるので、練習に効果的です。

無料アプリで歌が上手くなる!

「やはりヒトカラは恥ずかしい」

そんな方は、スマートフォンのカラオケアプリを利用しましょう。

カラオケ機能の付いた無料アプリには様々な機能があります。

テレビを使ってカラオケが再現できる

100万曲もの歌詞を搭載

自分のスマホの中に入っている曲を使ってカラオケができる

キーやテンポのコントロール機能

採点機能

録音機能を使ってボイストレーニング

音感を鍛える機能

などなど、自宅で密かに歌が上手くなる特訓ができます。

更に、自分の声の音域と楽曲の音域とを比較して歌えそうな曲を割り出してくれるアプリもあります。

皆でカラオケに行った時、曲の選択に迷わなくてもよさそうですね。

ヒトカラスマホのアプリを使って歌の練習ができるなんて、一昔前では想像もつきませんでした。

忘年会・新年会・歓送迎会・友人との飲み会、カラオケをする機会は一年中溢れています。

ヒトカラ・カラオケアプリ等で密かに歌を上達させて、皆をあっと驚かせてみては如何でしょうか。

 

本日も、お読みいただきありがとうございました。

名古屋でアイドルになろう!アイドル教室