読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

歌が上手くなる方法~カラオケやアプリを利用しよう

カラオケ

歌が上手くなる方法の一つとして、カラオケやアプリを使った方法があるのを御存じでしょうか。

歌を練習する環境として、カラオケボックスは正に最適な環境です。

また、今はスマホの無料アプリを上手く使いこなすことで、自宅がカラオケボックスになり、歌が上達するという方法もあります。

では、歌が上手くなる為に、カラオケや無料アプリをどのように使いこなしていけばいいのでしょうか。



1 今やヒトカラは常識
2 ヒトカラのメリット
3 カラオケで歌を練習するときのポイント
4 同じ歌を繰り返し練習する
5 カラオケの音量を小さめに
6 エコーはかけない
7 録音しよう
8 キーを調整しよう
9 採点機能・ボイトレ機能を利用しよう
10 無料アプリで歌が上手くなる!


今やヒトカラは常識


皆さん、カラオケと言えば複数人でいくと思っておりませんか?

しかし今は、一人カラオケ・通称ヒトカラをする人がどんどん増えております。

一人でカラオケをするのは恥ずかしいと思う人もいるかと思いますが、全然恥ずかしいことではありませんよ。

逆にメリットが沢山あります。

ヒトカラのメリット

例えば皆でカラオケに行った場合、余程趣味の合う人と行った時以外は、あまり好きではないアーティストの歌も聞いたり、一緒に行った人に合わせて選曲をしなければなりません。

また、複数人でカラオケをする場合は、順番を決めて歌う流れになりがちですよね。

大人数の場合は中々順番が回ってこず、あまり歌ってもいないのに時間が来るということも少なくありません。

みんなで楽しむためにカラオケをするならそれで良いですが、歌の練習を目的とした場合は、時間効率がとても悪いわけです。


しかしヒトカラの場合は、このようなストレスを溜めることは全くありません。

誰にも気兼ねしないで、好きなだけ好きな歌を歌えます。

誰にも気を遣わなくてもいいという事は、人がいるとハードルが高くて挑戦できなかった難曲にもチャレンジすることができます。

キー調整をして歌ったり、同じ曲を何回もリピートして練習することも可能です。

また、失敗したらも何回もやり直しができますし、周りに人がいると恥ずかしくてできなかった厳密採点にも挑戦することができます。

今はボイストレーニング機能がついている機種もあるので、それを使って密かに歌の特訓をすることができます。

自分が思っているよりも、意外に人は見ていないものです。

「一人でカラオケ行くなんて寂しい人」と思われる時代はもう終わったのです。


本日は、ここまで!
お読みいただきありがとうございました!


名古屋でアイドルになろう!アイドル教室