読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

本日は、『子供でも簡単に歌が上手くなる方法』です。

自分が音痴であるから、子供にはそんな思いをさせたくないと思う親は少なくありません。

また、将来音楽関係の仕事をさせたいと願い、子供を音楽教室に通わせる親も決して少なくないでしょう。

でも、もっと簡単に費用をかけずに歌が上手くなったらいいなと思いませんか?

今回は悩めるお父さんお母さんたちの為に、子供の歌を上手くする方法をご紹介します。


☆日常生活に音楽を取り入れよう!

最初に知っておいてほしい事があります。

音痴は遺伝しません。

そして仮に音痴だとしても、治すことは可能なのです。

歌が上手になる一番の方法は、日頃から音楽に触れ合うことです。

あるアーティストの方が、自分が母親のお腹の中に居る時に聞かされた曲をカラオケでチョイスしてみたところ、信じられないことにちゃんと歌う事ができたと言っていました。

嘘みたいな話ですが、本当なんだそうです。

音楽は胎教にも良いと言われておりますよね。

色々な効果があるそうですが、音楽に関する力そのものも胎児のころから鍛えられるのかも知れません。

また、日頃音楽を聞くことがない子供に、いきなり歌えと言っても無理な話です。

幼児期は音程云々よりも、楽しく歌って踊ることが一番。

音楽やリズムに合わせて、ただ声を張り上げるだけでも構いません。

歌を楽しむという事が、歌が上手くなる為の最初の一歩なのです。

 

小学生位にもなると、音楽の授業が始まります。

そうなると普段聞くことの少ないような歌とも触れ合う様になり、音楽の幅は広がっていきます。

この頃から、自分の好きな音楽というものがわかってきます。

子供の好きな歌を積極的に聞かせてあげましょう。

家族でカラオケに行っても楽しいですね。

そして上手に歌えた時は思いっきり褒めてあげましょう。

そうすることで自信が生まれてきます。

また、もっと頑張って歌が上手くなって、皆に褒められたいという欲も出てきます。 

子供の近くにいつも音楽がある環境を作ることが大切なのです。

そしてお父さんお母さんも一緒に歌ってあげましょう。

音程が外れていることに子供だけでは中々気付けません。

お父さんお母さんが一緒に歌えば、子供はその音程を真似してくれるので、自然と音痴改善になります。

本日は、ここまで!
お読みいただきありがとうございました!