読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

昨日の、おさらいからです!

 


☆ 裏声とは?


裏声には2種類あります。


まずは『ファルセット』と呼ばれる、ふくろうの鳴き声のような裏声


です。


これを息漏れの多い裏声と呼ばれております。


次は『ヘッドボイス』と呼ばれる、丁度狼の遠吠えのような裏声で


す。


ファルセットより少し力強いような感じですね。


これは息漏れの少ないタイプの裏声になっております。


息漏れが少ないということは、声帯が締まっているということになり


ます。


ファルセットは声を前に出すような形で発声しますが、ヘッドボイス


の場合は頭の上に向って声を出すイメージになります。

 

 

☆ ヘッドボイスを出す簡単な方法


まずは、狼の物真似をしてみましょう。


この時喉の形は、あくびをした時の状態であることがポイントになり


ます。


物真似で言えば、レイザーラモンHGの「フォ~!」や、ゲゲゲの鬼太


郎の目玉親父の「おい!鬼太郎」も、ヘッドボイスと言えます。


練習として真似してみることをおすすめいたします。


ただ高い声を出して物まねしてもダメですよ。


繰り返しですが、のどが開いていることが重要ですので、常にそれを


意識して練習しましょう。

 


☆ 地声とは?


裏声の逆として使われる言葉「地声」。


これについても少し学んでおきましょう。


普段会話している時に出している声のことを地声と呼ぶ場合がありま


すが、歌う時の地声は少し違います。


歌う時に出る地声に近い声を「チェストボイス」といいます。


チェストボイスを出す時に重要なのは、体内に声を響かせて発声をす


ること。


最初に鼻腔共鳴をすることから始めます。


鼻腔共鳴とは、鼻から喉にかけての鼻腔と呼ばれる空間に声を響かせ


ること。


感覚を掴むコツは、口を閉じた状態で「ん~」と頭頂部へと抜けさせ


るような感じに声を出していきます。


声が鼻の奥の方で響いている感じがしませんか?

次に鼻腔共鳴をしつつ、声を頭頂部から眉間の方へ、眉間から胸へと


響かせながら発声をしてみましょう。


これが胸郭共鳴をするということになります。


まるで自分自身がギターにでもなったかの様に、声を鼻腔と胸に響か


せ発声していきましょう。


それがチェストボイスなのです。

 


☆ チェストボイスの練習方法


チェストボイスを出す時に気をつけたいポイントは、喉を開いた状態


で声を出すことです。


喉を開いた状態であるということが、歌っている時の理想的な状態な


のです。


丁度あくびをした状態の時と憶えておきましょう。


そして喉仏は下げたままの状態をキープしつつ、「ガガガガガ~」等


の発声練習を行っていきます。


一言で地声や裏声と言っても色々あり、その発声方法もそれぞれ違い


ます。


しかし頭で考えても中々わかるものではありません。


とにかく発声してみること、歌ってみることが一番です。

 


本日も、お読みいただきありがとうございました!