読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌 上手くなる 方法

☆実際に合わせて歌ってみる。


実際に曲に合わせて一緒に歌ってみます。このとき声がピッタ


リ合えば流れている歌声が自分の歌声とシンクロしてほぼ聞こえなく


なるハズです。音程がずれていれば歌手の歌がはっきり聞こえるはず


なので重点的に練習します。


音程は才能ではなく体の記憶です。スポーツと同じだと考えてもらっ


たらいいです。何度も聞いてズレを治していけばオンチな人でも必ず


治ります。

 

 

☆声量を上げる


ここまでで形としてはコピーできたはずですが、歌が上手くなる方法


はもう少し基本テクニックが必要です。その中で一番大事なのが声を


張ること。口先ではなく、体全体から声を出すことです。そのために


はまず腹式呼吸をマスターする必要があります。


腹式呼吸


呼吸には胸で息をする「胸式呼吸」と


お腹で呼吸する「腹式呼吸


があります。


わたしたちが普段しているのは胸式呼吸の方です。オペラを見たこと


がありますか?信じられないくらい声がでてますよね?あれは腹式呼


吸で発声しているからです。腹式呼吸は大きい声を出すためにはもち


ろん、小さい声でもちゃんと声を届かせるためにも必要です。


腹式呼吸の練習はなかなか文章で説明するのが難しいのですが、息を


吐くときにお腹をへこませて息を吸う時にお腹が膨らむようにするの


がコツです。


腹式呼吸で大事なのはイメージです。何度も繰り返すとだんだんコツ


が分かってきます!

 

 

☆体全体で歌う


声は全体で出すものです。体の使い方が上手くできないとチューニン


グができていないギターと同じように歌声に違和感が出てきます。体


の使い方を覚えることで歌が安定し、表情豊かに歌うこともできま


す。また、リズム感も安定します。


●姿勢
 

リラックスして歌うのは当然ですが、腰をはまっすぐ保つようにしま


す。ロックシンガーが前かがみでシャウトしていることがありますが


良く見ると腰は真っ直ぐになっています。


ついついやってしまうのが、歌っているうちに肩に力が入ってしまう


こと。肩に力が入ると腹式呼吸ロングトーンが発揮されません。

 

●表情


顔の表情は歌の表現力を高めます。特に口周りの筋肉を鍛えておくこ


とが大事です。


普段からハッキリしゃべるクセをつけておくと良いですね。


ここまでが歌が上手くなる方法の基本です。ここまでできたらとりあ


えず上手いといわれる歌が歌えるようになります。

 

 

継続する事が、すごくすごく大切です!!


本日も、お読みいただきありがとうございました!