読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、毎日。コツコツと。

昨日の、歌が上手くなる方法のまとめの続きです。


ビブラート


横隔膜をコントロールして声帯に空気を送り込んであげることで、ビ


ブラートを行います。


良いビブラートの簡単なかけ方と、これができるだけで歌が上手に聴こええる、だれでもビブラートがかけられるトレーニング方法。


ビブラートをする時には喉を使わない事。


ビブラートの感覚をつかむための練習法。


ビブラートの練習方法・ビブラートとは何か等を解説します。かけ方


のコツが一度分かれば、後は案外簡単にビブラートを使えるようにな


ります。カラオケの上達のためにも必須のビブラートのやり方を習得


しましょう。ビブラートができるだけで歌が上手くなったように聴こ


えます。


ビブラート練習法1 母音を何度も強調させる


ビブラート練習法2 音程を上下させる


ビブラート練習法3 補助を使い、声を揺らす感覚を身につける

 
ビブラート練習法4 横隔膜を使って声を震わせる


ビブラート練習法5 アゴを使って声を震わせる


ビブラートは上手くできるまでには時間がかかりますが、何度も練習


していると必ずできるようになります。


ビブラートのかけ方|歌が上手く歌える方法


テクニック②:高音を出す


高い声で歌うときのコツ。 高音で歌うときには、喉の奧の方の空間を


拡げるようにするの。 そしてその広がった空間の天井に声を当てるよ


うに歌います。 そうすると、喉仏も下がり声が太くなって、しかも高


音を出すのが楽になりますよ。


高音はコツ掴めばある程度すぐ出るし、腹から出すのが無理なら重心


下にして出すとか工夫してみてください。


まずは感覚を掴む


・出せる時に、一通り自分の持ち歌を全部歌って、感覚を覚えさせ


る。


・出せない時には絶対に無理して出さない。 (喉を壊すし、悪い癖が


ついてしまうので)


自分の今の最高音をキーボード(ギター等でも可)で測って、その音


をなるべく長く発声する。これを1回20分くらいずつを2日置きにやり


ます。 2日おきにやってるのは声帯の筋肉を鍛えるには超回復を利


用した方が効果的だと聞いたので、72時間あけてやるようにしてま


す。


例えば月曜日にやったなら次は木曜日って感じですね。


テクニック③:ミックスボイス(高音を操る)


ミックスボイスとは、裏声の一種


ミックスボイスを使うと、歌の中で地声から自然に裏声のように高い


声を出すことができ、歌もとても上手に聞こえます。


毎日の練習する事が 大事なんですね!


継続は力ですね!

 


本日も、お読みいただきありがとうございました。