読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が、一番熱い!!!

私の中で、カラオケが、今一番、熱い事柄なので、自主練習の内容を


書こうと思います。

 

 

準備体操+柔軟 約10分


活舌をよくする発声練習 約5分


音感トレーニング 約10分

 

 

ここからが、しっかり力を入れて取り組んでいる事なんですが、

 

1.十秒きっかりで息を出しきるトレーニング
「ふぅー」じゃなくて「はぁー」です。

あとはshhhhhhhhhh-! っと、音が出るように歯を閉じて間から息を出


し切ります。これは吹奏楽でもやるブレストレーニングですね。


約5分

 

 

2.次は、ビブラート。まずは無理やりでも自分で音程を上下させる


ドレドレドレドレみたいに。


それをできるだけ早くしてみるとビブラートの感じがわかります。


これを繰り返す練習。


約5分

 

 

3.ティッシュ3-4枚をギュッと丸めてピンポン玉より2-3回り大きいく


らいにして 唇でくわえて支え、ロングトーン1分(15秒を四回に分け


る) の練習をします。


これをすると声の通りが本当によくなりますし、声が響くようになり


ます。


約5分

 

 

5.リップロールの練習


唇をブルブル言わせながら、ドレミファソラシドを低音~高音へ(5秒


以内)。次はその逆、高音~低音へ(5秒以内)。この作業を繰り返し


ます。


約5分

 

 

6.腹筋を鍛える練習ですね。


足の角度45度で10秒キープ→90度で10秒キープ 。これを何回も繰り返


します。


慣れてきたら45度でキープしたまま歌を一曲歌いきります。


約10分

 

 

計1時間です。

 

 

これが終わってはじめて、曲の練習に入ります。

 

 

このボイトレを意識してやってるのも、ガムシャラに、力いっぱい歌


っても「聴き心地のいい声」「魅力的な声」にはならないと気付い


たからなんです。

 

 

私は、とにかくリラックスすることを、一番に意識しています。


よく喉に力入れるなとかいうけど入っちゃいますよね~(笑)


最初にやったのが、 立ち前屈で腕だらーんとなった状態で歌を歌う


練習をしてみました。3ヶ月くらいで力が入らないようになりました!


(笑)


すっごい鼻声のときがあったんですが、鼻をつまんで歌って


その差が感じられたあとは、響かせる感じで歌ってみたり、マイク変


えてみたり、アカペラで録音してみたりしてました。


口角を限界まで上げると高い声が出やすくなると気づいて、平井堅


んの顔を意識して歌ってみたり。


何かの本で、やると上達することと書いてあったので、


割り箸の折っていないのを二つ用意して、それの太い側を奥歯の少し


手前に歯で挟み、その状態で歌う。最初は、はずれたら顎が痛くなる


し、かつぜつが悪い。とにかく歌うとわかるのですが声が響いてる、


お風呂の中の状態みたいにです。


独特の癖をなおし、正しい発生のための練習と書いてありました。


これは、本当に効果がありました。

 


上記の練習を失敗しながら、改善しながら、コツコツやってます。


もっといい方法や、効果のある方法があれば、是非、皆様からも教え


てもらいたいです!(笑)

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございました!